【シミ取りクリーム】ハイドロキノン4%配合のメロダーム(MelloDerm-HQ)を購入。デラニンより良かった!

今回のバンコク旅行で、一番買いたかったものがハイドロキノン4%配合のメロダーム(MelloDerm-HQ)

日本だとハイドロキノン含有のクリームは高かったり、同じ濃度のものが市販では買えないので、今回4本買ってみました。

1本使い切ったので、使用感や効果、購入方法などについてレポートしていきます。

メロダームとは?

ハイドロキノン4%配合の、いわゆるシミ取りクリームです。

ブレズ薬局(アソーク店)で7gのものを1本200Bで購入しました。

※今回バンコクのドラッグストアを見つけるたび「Mello Dermありますか?」と聞きましたが、入荷してなかったり、予約が必要だったりしたので、最初からブレズ薬局に行くのが早そうです。

使用方法はこちら

・1日1回(夜)塗布
・30℃以下で光を避けて保存

ハイドロキノンとは?

そもそもハイドロキノンとは?という方向けに、こころ皮ふ科クリニックさんサイトでとても詳しく説明されていたので、引用させていただきます。

イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質で、皮ふを紫外線などによる損傷からまもる作用を持っています。米国では医薬品としてその美白効果が認められ、多くの患者さんに皮ふの漂白目的で治療薬として使用されてきました。
日本では2%までの配合が厚生労働省により許可されているため、市販の化粧品にも含有されたものが販売されています。それ以上の濃度のハイドロキノンは病院での処方が必要となります。
ただし、5%の濃度のハイドロキノンは動物実験で発がん性が指摘されており、現在ヨーロッパでは使用が禁止されている国もあります。そのため、当院では効果と副作用のバランスを考えて、4%ハイドロキノンクリームを処方しています。

http://cocoro-hihuka.com/hydroquinone.html

ハイドロキノンクリームの効果は?

ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、さらにメラニン色素を作るメラノサイトに対して細胞毒性があります。すなわち、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。 (中略)

ハイドロキノンは強い漂白作用を持ちますが臨床効果は可逆性であり安全性は高いです。一般的に濃度や投与量が多くなると刺激性皮ふ炎を生じやすくなり赤みやかゆみを伴うことがあります。

http://cocoro-hihuka.com/hydroquinone.html

使い方や注意点も詳しく載っていたので、大変参考になりました。

メロダームの使用感

バンコクでハイドロキノンといえば「デラニン」が有名で、私も以前使っていたのですが、クリームがこってりしていて、個人的にちょっと使いづらいな、と思っていて。

あと、匂いも少し気になったんですよね。

デラニンの感想レポート記事はこちら

メロダームはクリームよりも、ジェル状で伸びがよくて、どちらかというとアンチメラズマセラムに近い使用感。

伸びが良くて、私はデラニンよりもメロダームの方が使いやすかったです。

使用の順番ですが、私は夜、洗顔後化粧水を塗り、シミの箇所にトレチノインを塗って完全に乾いたら、同じくシミが気になる箇所にハイドロキノンを塗り、最後に保湿ました。

「ハイドロキノン 使い方」などで、クリニックのサイトがいろいろ出てくるので参考にしてみてください。

参考:https://www.noage-amc.com/menu/skin/torechinoin.html

メロダームでシミは消えた?

気になる効果ですが・・

今回トレチノイン×ハイドロキノン療法を2ヶ月ほどしていたのですが、目で見える分には、若干薄くなったかな・・^^; 一瞬でシミがなくなるわけではありません。

やはり即効性を求めるなら、レーザーかなと思いました。
Zukoi Clinicのシミ取りレーザー、また受けに行きたい・・!

ちなみにトレチノインは、最初はバンコクで買えるレチンAを使っていたのですが、
You Tubeでdaigoさんが進めていたLife-Floの 「Retinol A 1% Advanced Revitalization Cream, 1.7 oz」をAmazonで買って使ってみたところ、ツヤツヤ&ふっくらになるし、かなり良かったです。

楽天は900円ほど高かったので、今の所Amazonの方ががおすすめ。


使用感、効果等は個人の感想なので、参考までにしていただきたいのと、
妊娠中の方はトレチノインや濃度の高いハイドロキノンも使用NGなのでご注意ください。

妊娠・授乳中に使えるハイドロキノン

妊娠・授乳中のシミケアとして使えるハイドロキノンは「アンプルール」が有名なので、ご紹介まで。

私は今は使っていませんが、以前(授乳中)はお世話になっていました。

いきなり濃度が強いものはちょっと・・(敏感肌さんとか)という方はアンプルールからスタートするのも良いかもしれません。

アンプルール


——————————————————————————-

シミケア中は、保湿&紫外線対策はマストなのでお気をつけください!

あと!楽天Room始めてみました!
実際に購入して良かったアイテムをまとめているので、参考になれば嬉しいです。
https://room.rakuten.co.jp/ayabangkok/items

インスタは@aya.bangkok