Asia Beauty Log

元タイ在住美容ライターayaによるBeautyブログ。日本やタイの美容・シミ取り・ダイエット・エステ・アンチエイジングについて日々研究中!

バンコク 生活

【駐妻】本帰国後の就職活動〜③保活に苦戦〜

今回は本帰国後の「保育園探し」「保活」についてです。

日本(東京)での保活が大変〜!という話は、ニュースや友達の話で聞いていたものの、予想以上に苦戦しました。

そもそも、これから仕事を探す「求職中」の身だと点数がもらえず、激戦区だとスタートラインにも立てないというか。

本帰国後1歳児と一緒にどうやって就職活動をしたか、保活はどうしたかについて、書いていきたいと思います。

※個人的な経験談ですので、参考程度に読んでいただければ幸いです。特に保活は地域によっても差があると思いますので。
※”4月”入園の保活の経験談を書いています

保活が先か?転職活動が先か?

まず私が悩んだのがこれです。
保活が先か、転職活動が先か。

子どもの預け先を見つけないと、転職活動さえできない。
しかし、仕事がないと点数がもらえず保育園に入れられない……!!!

本当は保育園に入園後、転職活動する流れが一番良いとは思うのですが(私の区は3ヶ月以内に就職すればOK)、
仕事先が決まっていないと保活では圧倒的に不利なことを知り、戦意喪失しました。

しかも海外に住んでいたので、区民加点がもらえない。

たとえば東京都文京区で認可保育園に入れる場合。

文京区に住んでいるフルタイム夫婦の家庭(母は育休中)だと、ベースは27点くらいになると思うのですが、
10点(父)+10点(母)+4点(区民)+3点(育休明け)=27点

母はこれから求職&海外から応募の場合、15点になるんですよね。
10点(父)+5点(母)=15点

(間違ってたらすみません!!!)

以下参考までに貼っておきますね。
hoikuen1

hoikuen2
hoikuen3
hoikuen4

hoikuen5

参照元:文京区認可保育所等(区立・私立)

ということで、一応入園申請はしていたのですが、

認可保育園は早々にあきらめ、認可外を見ていくことにしました。

たまたま近所に週に数日なら空きのある園をみつけたので、転職活動中はそちらでお世話になりました。

料金は、だいたい1日(9時〜16時)3,000円くらい。

タイにいるときは知らなかったのですが、日本には「託児所」「保育所」や保育園の「一時預かり」など、1日単位で子どもを見てくれるところが結構あって。

ネットでも調べられますが、区役所に行くと預け先の相談に乗ってもらえたり、転入するときにもらえる子育て世帯向けの冊子に結構情報が載っていたりします。

日本のママ友に話すとみんな当たり前に知っていたのですが、タイで出産したのでベビーシッターサービスくらいしか思いつかなかった…^^;

認可保育所といっても申しこめばすぐ入れる、というわけではなかったので(2,3回面談があった…)ヘッドハンターとの面談や、内定後のオフィス見学は相手の了承も取って子どもを連れていったりもしました。

極力子どものお昼寝の時間に合わせてもらいましたが、毎回うまくいくわけはなく、動きたい盛りの1歳児をあやしながらの面談は結構大変でした^^;

内定後の保活

内定後の保活についてですが、やはり認可保育園の4月入園枠には落ちてしまったので、認可外を数か所見学し、そこから雰囲気の良いところに決めました。

認可保育園の結果発表が出る2月時点では、認可外もどこに電話をかけても満席…という状況でしたが、幸運にもキャンセル枠が出て何とか4月から入園することができました。

認可外ってイメージがあまりよくなかったのですが、我が子が通っている園は先生たちが愛情を持って接してくださり、アートや音楽のレッスンがあったり、今のところ毎日楽しそうに通ってくれてホッとしています。

認可保育園の申請のために何通も書類を取り寄せて、書かなきゃいけなかったり、
認可外も満席でことごとくお断りされたり
保活中、働きたいだけなのに何でこんなに苦労しなきゃいけないんだろう……ともやもやしたりもしまた。
無事入園できただけありがたいですが、保活にこんなに苦労するとは思わなかった^^;というのが終わってみての感想です。

現在駐在中で、帰国後は仕事に復帰予定のママさんは
・帰国後住む予定の地域の保育園状況を役所のサイトでチェック
・激戦区の場合は認可外も視野に入れる(もしくは待機児童ゼロの地域へ引っ越しを検討)
・(すぐ働きたい場合は)就職活動中に子どもを見てもらえる園も探しておく
・駐在中にできる就職活動(転職エージェントや転職サイトへの登録等)は早めに済ませておく
などをされることをオススメします!

以上、本帰国後の保活の参考になれば幸いです。

 

-バンコク, 生活
-